第3回ミッキーの徒然コラム「入社一年目」

ミッキー  2011.4.13

4月も、もう中旬ですね。
この春から新入生や新社会人になった方々は、慣れない事も多くて大変なのではないでしょうか。
ストレスを、うまく発散しないと精神的に辛くなってしまいますので要注意です。
私の場合、ストレスがたまりすぎた結果・・・
「真夜中、道路に等間隔でパンを置く」という症状がでたことがあります。
何が恐ろしいかって、それを端から見た人が一番恐ろしかっただろうと思います。
街の治安の為にも、ノーストレスでいきたいものです。

さて、新入社員の皆さんにとってストレスの原因になりかねないもの・・・。
それは、「上司」といっても過言ではないはずです。

「ジョウシガアラワレタ!」

さて、あなたはどうしますか?

私が新入社員の頃、もちろん上司はいました。
小さな会社だった為、私を指導するのも、一緒に行動するのも全てその上司でした。
大学を卒業したてで、右も左もわからなかった私。
初めて出来た「上司」との付き合い方も分かりませんでした。

なので・・・毎日作った晩御飯の写メールが送られてくることも、いつの間にか私と同じ携帯に機種変更していることも、急に席替えを提案し、真向かいの席になったことも、本と本との間からこちらをジッと見ていることも、全て「これが上司というものか」と思い込んでいました。

「ジョウシガアラワレタ!」

「ヨウスヲミル」を選択。

そんなある日。

ふとしたきっかけで、その上司のパソコンのデスクトップを見たのです。
とても親近感をおぼえました。
それもそのはず、そこに写っていたのは・・・

私の足のペディキュアの写真でした。

夏は、素足にサンダルで通勤していた私・・・。

「ジョウシガアラワレタ!」

「ニゲル」を連打。

戦うという手もあっただろうけど、私のHPは残っていませんでした。
「道路にパンを並べる」という自己防衛しか出来ないくらいに。

社会に出ると、これからたくさんの「ジョウシ」に出会うでしょう。
時には逃げることも必要なのだと私は思います。
ただ、「ニゲル」を選択しても、まわり込まれることがあるのでご注意を。

余談ですが・・・
そんな私の上司は「ロードオブ・ザ・リング」に出てくる「ゴラム」にそっくりでした。
いつの間にか背後に立っているゴラム・・・。
ゴラムと二人きりで泊まりの出張・・・。
病欠した日、家まで来るゴラム・・・。
月曜から金曜、たまに土曜もゴラム・・・。

もしあなたが私だったら、何を選択しましたか?

おわり